ARTSAK blogs

<

pixelstains | Perspective Grid Brushes for Photoshop

パースブラシなんてのも有るんですが

 

gumroad.com

フォトショップはこの辺当然弱いのですが

絵描きだと分かるはずなんですがパースペティクティブを取る方法として

vp視線の高さや奥行きからアタリとして作っていきます。

 

13€です。

 

それを補助するガイドを作るのがこのツールですね。

このツールは正確なラインを生み出すツールでは有りますが

正確なパースを作るツールでは無いので「正確ぽいパース情報のガイド」を導き出したいときに使うと良いと思います。

 

簡単な使い方としては ペンツールで二本のラインを取りgrid化すると消失線を作ってレイヤー化してくれると言うものです。

 

f:id:ARTSAK666:20171014130445p:plain

簡単なパース情報でパースを試しに構成してみます。

これで三点が何となく要る図になる訳ですが、まず上方向に二本ペンツールでガイドを作ります。

(見えにくいですがペンのガイドが二本入っています)

f:id:ARTSAK666:20171014130715p:plain

次にgrid化

f:id:ARTSAK666:20171014130802p:plain

f:id:ARTSAK666:20171014130836p:plain

で別レイヤーとして即時作られるので扱いとしては結構楽ですね

f:id:ARTSAK666:20171014131014p:plain

f:id:ARTSAK666:20171014131129p:plain

ラフからだと分かりづらいですが

フリー素材から逆に割り出すとこんな感じにになります

f:id:ARTSAK666:20171014132035p:plain

ガイドに合わないのは適当ってのもありますがレンズの樽型と実際の建物は意外とパースにはガッチリ合ってないのでこんなもんなのですよ。

 

ここまでステップ数少なくてイメージからガイドを簡単に作れるので僅かに金は掛かるもののコンセプトアート等を作るにはかなり適したツールだと思います