ARTSAK blogs

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンボリックの事

 

www.gigafree.net

Gerhild's & Hermann's Site

f:id:ARTSAK666:20170206060309p:plain

どっちから落としても良いんですがね。

一応元も載せときます。

 

シンボリックリンクが何故いるかと言うのは説明は難しいのですが

例えば

c:\1\etc

でしかツール側で許さないケースが意外と有るんですが。

あとマイドキュメントを使われるとマイドキュメントのその場所指定になる訳です。

大概はcドライブが当然指定されのですがまぁ困りますよね。

困らないなら使う必要は無いので困った時思い出せば良いです。

 

色々な使い方がシンボリックには有るのですが

自分が良く使う方法はe:\等に一部のファイルを逃してしまう方法です。

 

zbなら例えばBRUSHPRESET等ですね。

osがクラッシュしたとしてもcドライブをクリーンにしてもe:\を又シンボリック貼り直せば良いだけで環境を戻せたりします。

c:\に有ると当然フォーマットで消えますので。

 

ツール自体の使い方

このツールはosに統合されるツールで

 

例えば c:\1\data これをシンボリックしたいと思うなら

f:id:ARTSAK666:20170206062107p:plain

e:\datasync\data\に c:\1\dataのdata以下をコピーします。

e:\datasync\data\data を右クリックするとリンク元ってのがあるはずなので

こいつをリンク元にします

 

f:id:ARTSAK666:20170206061753p:plain

 

c:\1\ には移動した後何もない状態です

f:id:ARTSAK666:20170206062309p:plain

f:id:ARTSAK666:20170206062244p:plain

シンボリックを選択します

f:id:ARTSAK666:20170206062457p:plain

 

するとフォルダーが出て来る訳です。

c:\1\にデータが有るように偽装?していますが

本体でファイルが有ったり更新されているのは

e:\datasync\data\data

で実行されています。

 

ショートカットのような物なのでc:\1が消えてもe:\は消えません。

 

あと、これは便利なのですが

「マイドキュメントが重くて邪魔だから他のドライブに一気にコピーしてシンボリック貼ろう!」

とか絶対思わないで下さい…

 

どのファイルのせいかわからないですけどOSが不調になるので大丈夫と分かっているファイルのみでお願いします。