ARTSAK blogs

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタムが原因での稀なエラー例。一撃でエラー落ちさせる

zBRUSH zb tis

原因はものすごく馬鹿らしい物なんですがね・・・

 

ctrキーで一撃で落とせる方法が有るんですがね。

f:id:ARTSAK666:20170206054502p:plain

ctrキー一撃で落とせる訳です。

結論分かると簡単な話なのでお付き合い下さい。

 

事の原因は

プリセットBRUSHの整理からが発端というか原因

C:\Program Files (x86)\Pixologic\ZBrush 4R7\ZData\BrushPresets

 

これをまぁ適当に整理すると一撃で落ちる環境が作れるようになります。

んで答えなんですけどね。

 

zbのスタンダードな機能はツール内の独自の機能で実現されている訳ではなく

一部はBRUSHpresetから自動で読み出される形で実現されています。

つまりctrはツール固有の機能でマスクが割り当てられてる訳でなくって

起動したまずmaskpenが割り当てられる訳です。

 

BRUSHPresetにMASKpenが無い場合はクラッシュする・・・・という理屈です。

 

まぁ間抜けな話では有りますがスッキリしました。